コンテンツへ移動
Religion and the racist right : the origins of the Christian identity movement 資料のプレビュー
閉じる資料のプレビュー

Religion and the racist right : the origins of the Christian identity movement

著者: Michael Barkun
出版社: Chapel Hill : Univ. of North Carolina Press, 2004.
エディション/フォーマット:   紙書籍 : English : [Nachdr.]rev. edすべてのエディションとフォーマットを見る
概要:

This edition traces the role of Christian Identity figures in the events of the first half of the 1990s, from the Oklahoma City bombing, to the rise of the militia movement and the Freemen standoff  続きを読む

この資料のオンライン版を取得中… この資料のオンライン版を取得中…

オフラインで入手

配置場所と利用可否を確認中… 配置場所と利用可否を確認中…

WorldCat

世界の図書館の所蔵状況
この資料を所蔵している世界の図書館

詳細

ドキュメントの種類 書籍
すべての著者/寄与者: Michael Barkun
ISBN: 0807846384 9780807846384 0807823287 9780807823286
OCLC No.: 614941397
物理形態: XV, 330 Seiten
責任者: Michael Barkun.
注記を取得中… 注記を取得中…

レビュー

ユーザーレビュー

タグ

まずはあなたから!
リクエストの確認

あなたは既にこの資料をリクエストしている可能性があります。このリクエストを続行してよろしければ、OK を選択してください。

ウインドウを閉じる

WorldCatにログインしてください 

アカウントをお持ちではないですか?簡単に 無料アカウントを作成することができます。.